沢山の足を診させていただいて思うのは、その方々の症状は、体質・生活習慣そして性格や日常のストレスが如実に足に現れるということ。

皆さんは、ご自身の足をじっくり見たことはありますか?

踵のかさつき・足指のつけ根のタコも、お手入れ不足や靴のせいだけではありません。

足は、反射区に相応する体の器官の不調を教えてくれるだけでなく、何らかのストレスを表したり、未来の暗示・過去のできごとを記憶していることがあります。

例えば、足裏の肌色で今のあなたの元気度(パワー・エネルギー)がわかります。

帰宅後や運動後・入浴後の血行が良くなっている時は避けて、そうですね、起床後にご覧になってみてください。

鏡に足裏を映すように床に座ると良く観察できると思います。わかりやすい色,よく見受けられる色は、赤・ピンク・黄・紫・白色です。この順番が元気度(パワー・エネルギー)の強い順になります。


足裏の肌色

①「赤」・・・過剰すぎるほどのエネルギー!イライラする機会も多いのでは!?

②「ピンク」・・・心身ともにベストな状態!!

③「黄」・・・頑張りすぎて少しお疲れな状態かも。

④「紫」・・・心身ともに疲労が蓄積されています。ネガティブ思考に陥りやすい時期。

⑤「白」・・・エネルギー不足↷ 立ちくらみ・めまいなどの症状。希望や自信が持てなくなっていませんか?


 

また、足の指腹の形はどうですか? 一様に丸いものと思われていませんか? 鏡に映し出されているご自分の足指は、意外に色んな形をしていると驚かれるかもしれません。丸・三角・四角などなど。親指を抜かした8本のうち1番多い形で、その方の性質がわかります。

 


足指の形

①「丸い」・・・やさしく穏やか、マイペース指の硬し

②「四角」・・・正義感が強く真面目

③「三角」・・・話し上手で知性派

④「楕円」・・・控え目で洞察力がある



 

↓こちらは、恥ずかしながら私の足の甲の写真です。左足の親指と人差し指の間のラインにはホクロがあり、右足の親指には角質があります。反射区から診ると、ホクロの部位は「声帯・喉」になり、確かに私は喉が弱くて、風邪のひき始めや疲れが溜まると必ず喉から痛くなり、声がれすることはしょっちゅうです。また、角質部位は「顎」になり、顎から口内が関連してきます。歯列が悪く歯周病もあります^_^;私の足の甲

また、この「ホクロ」や「角質」は、反射区の反応点としてだけではなく、自分の中のコンプレックスをも示しています。生活環境でできるのではない「ホクロ」は、自分のテーマ・人生で与えられた課題を表します。反射区とは違うゾーンで「ホクロ」の部位を見ていくと、私の場合はコミュニケーション・表現の部位にあります。

「自己表現能力にコンプレックスを持っている」という潜在的なメッセージです。

・・・自分を見つめること、してきませんでした。自分のことが分からないとずい分悩んだものです。友人との楽しい時間も話しを聞くことの方が多く、自分のことを話すのが苦手で、「秘密主義ね」と冗談めかしに言われたものです。何かの発表の時は、緊張しすぎて頭が真っ白になり、まともに自分の意見を述べられず仕舞い。いつもいつも、なぜ自分は周りの人とこうも違うのだろうと自己嫌悪するばかりでした。

改めて自分の足を見つめなおし、私は自分と対話せず、自分を知らなかったために、考えや思いをちゃんと外に出せていなっかのだと今更ながらに気付きました。

40代からの人生のテーマは、 「自己対話」をし、「自己を知り」「自己表現」をすること!(^^)!

反射区から足を診ていくと、体のことがわかるように、ゾーンから足を見ていくと、心のことに気づかされます。

不思議で面白いですよ、足って♪